床暖房/ヒートポンプ式床暖房/エコキュート床暖房 施工会社/東京・千代田区

会社概要

基本姿勢

人も地域環境を構成する一環であるというエコロジー(生態学)的な視点に立てば、人ばかりではなく、その地域を構成する植物や動物たちの環境も保全していくことが大切だということがわかります。

私たちは、環境負荷が少なく安全なものづくりをモットーに安心して暮らせる住空間を実現するため、常に研究開発を進めています。

快適さを科学して、本当の快適さとは何かを追求しています。

地域の環境に考慮し、何世代にも渡って安心して暮らせることが真の快適な暮らしだと確信しております。たとえ長い時間をかけて研究したものでも、自然環境や人体への影響が心配された時点で、それをあきらめる勇気をもち続けること、それが本当の快適さにつながる道だと考えます。

お届けするのは、暖房器具や建材だけではありません。これらをとおして、安全で快適な暮らしに貢献すること。それが、私どもの目的であり、唯一の使命だと考えてす。


2005年3月完成した床暖房パネルの生産ライン

平成17年度間伐・間伐材使用コンクール受賞
「ラフトンボード」を使用して建てた山梨工場の内部

柱や梁など構造材は杉、檜の間伐材を使用し、壁と屋根は檜の間伐材を面材に加工しパルプ積層断熱材を挟み込んだ「ラフトンボード」を張りました。※使用した間伐材は4,000本。

この工場は見学をすることができます。
詳しくは富士環境システムTEL:03-3257-1456に お問合せ下さい。


会社情報

社名
富士環境システム 株式会社
設立
平成5年1月4日
資本金
2,000万円
代表取締役
望月文平
本社
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-12-2
アクセスマップ
Googleマップ
電話:03-3257-1456
FAX:03-3257-1440
E-mail:urala@fek.jp
工場
山梨県富士吉田市小明見(こあすみ)539-11
アクセスマップ
Googleマップ
電話:0555-24-4760 
FAX:0555-24-4761
主な事業内容
床暖房パネルの製造販売
自然素材建材の製造・販売(OEM)
建築業の許可
東京都知事 許可(特-28)第146040号 管工事業
取得資格
  • 一級管工事施工管理技士
  • 二級管工事施工管理技士
  • 給水装置工事主任技術者
  • 第一種電気工事士
  • 第二種電気工事士
  • 三菱エコヌクール施工ID
  • 三菱太陽光発電施工ID
  • ノーリツ太陽光発電施工ID
  • ノーリツ太陽熱温水器施工ID
  • 職長安全衛生責任者教育修了証

沿革

1996年5月
「(財)日本銅センター賞」受賞
2000年9月
パルプ積層断熱材「ぬくもり」を発売
2003年4月
間伐材の利用技術開発が農林水産省の木材利用革新的技術開発促進事業として採択される。
2004年5月
「ラフトンボード」の製品化計画が東京都の中小企業経営革新計画事業として採択される。
2004年10月
周辺の自然に調和させる工場新築計画が経済産業省の工場緑地整備事業として採択される。
2005年6月
自然素材断熱面材「ラフトンボード」を発売
2005年9月
間伐・間伐材利用コンクールの「暮らしに役立つ間伐材利用」部門において「ラフトンボード」が全国木材組合連合会会長賞受賞
TEPIA第18回展示 最先端技術展(後援:経済産業省/東京都)において「ラフトンボード」が日本の未来をひらく環境との共生技術として展示
2007年10月
アルミを放熱板に用いた床暖房普及タイプ【うららAL】を新発売
2008年6月
「ラフトンボード」と石膏ボードを用いた大壁仕様(耐力壁)で30分耐火の国土交通大臣認定証取得
2009年10月
杉「ささら板」を用いた落とし込み板倉壁構法(真壁仕様)で高耐震壁としての国土交通大臣認定証を取得(仕様の違う3タイプで同時に取得)
2010年1月
「ラフトンボード」モルタル仕上げの大壁仕様(耐力壁)に45分耐火の国土交通大臣認定証を取得
2010年2月
山梨工場内にささら板壁構法による高耐震展示施設を設置
2010年10月
ささら板(特許P2009-138331A)を使った真壁の板壁が市街地でも実現できるようにするため、20分耐火と30分耐火の国交大臣認定を取得
2011年4月
木の繊維の良さを生かした自然素材の断熱材「ぬくもりSP」を発売
2011年9月
12ミリ厚の床暖房パネル「うららⅢ-Uタイプ」を発売